最強パーティで挑め!『ドラゴンクエストVR』期間限定イベント「最凶ゾーマ討伐編」開催!

バンダイナムコアミューズメントは、「アニメとゲームに入る場所 MAZARIA」(東京・池袋)、「絶叫エンターテインメント VR ZONE OSAKA」(大阪・梅田)にて好評稼働中のVRアクティビティ『ドラゴンクエストVR』の期間限定イベント「最凶ゾーマ討伐編」を2019年12月21日(土)~2020年3月31日(火)まで開催します。

リッチマン
マジかよ…ただでさえラスボス感半端なかったなのに“最凶ゾーマ”とかやば(超面白そう)
キャプテンVR
ちっ!俺の中に眠るロトの血が騒ぎだしてきたぜ
リッチマン
その“中二病感”もやば(こいつとパーティ組むのはやめとこ)

「最凶ゾーマ討伐編」概要

「ドラゴンクエストVR 最凶ゾーマ討伐編」は通常の運営演出とは異なり、サポートキャラクター、ホミリーの協力がなくなるだけではなく、ゾーマの闇のチカラにより体験会場が暗くなり重々しい雰囲気演出も!イベント体験者には参加者限定の「ロトの紋章缶バッジ」がプレゼントされます。

なお、期間中はゾーマが従来の強さの『ドラゴンクエストVR』も運営します。まずは経験を積んでから最凶ゾーマに挑む…といった遊び方もできるのでご安心を。

「ドラゴンクエストVR 最凶ゾーマ討伐編」チケット購入方法

最凶のゾーマに挑むには最強のパーティでの参加が不可欠のため、「ドラゴンクエストVR 最凶ゾーマ討伐編」の体験には専用の<1パーティチケット>が必要です。気の合う仲間を募って、大魔王ゾーマに挑め!

料金ドラゴンクエストVR 最凶ゾーマ討伐編
1パーティチケット/12,800円(入場料別途必要)
MAZARIAチケット購入ページhttps://www.funity.jp/tickets/dqvr/showlist
VR ZONE OSAKAチケット購入ページhttps://vrzone-pic.com/osaka/ticket/index.html
特設サイトhttps://bandainamco-am.co.jp/others/mazaria/jp/dqvrzoma

※施設によって開催時間、購入方法が異なりますので、下記チケット購入ページよりご確認ください。
※体験料4名分のチケット価格です。ご利用人数が3名以下の場合も金額は変わりません。

『ドラゴンクエストVR』とは

アリーナを用いたフィールドVRアクティビティで、VRゴーグルをかければ360度広がる「ドラゴンクエスト」の世界の中で、体験者はパーティを組み「戦士」2人、「魔法使い」、「僧侶」の4人で「ドラゴンクエスト」の世界に旅立ちます。『ドラゴンクエストVR』は、国王からの命をうけ、大魔王ゾーマとの戦いに旅立つ冒険者たちの物語です。

冒険の始まりは「国王の間」。「草原」「山ろく」「ゾーマ城」からなる3つのステージで、専用の剣、盾、杖を用いて、戦士の剣や魔法使いのメラ、僧侶のホイミといった呪文を駆使しながら、襲い来るモンスターたちに立ち向かいます。最後に待ち受けるのは大魔王ゾーマとの戦い。倒せるかどうかは…仲間とのチームワークが不可欠です。

キャプテンVR
先行体験会のレポートは下記をチェック!

施設概要

店舗名アニメとゲームに入る場所「MAZARIA」
住所東京都豊島区東池袋3丁目-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル3階
URLhttps://bandainamco-am.co.jp/others/mazaria/
店舗名絶叫エンターテインメント「VR ZONE OSAKA」
住所大阪府大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 8F、9F
URLhttps://vrzone-pic.com/osaka/

©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
©BANDAI NAMCO Amusement Inc.

参照元:プレスリリース

GAMES
友だち追加
Thanks!

週間ランキング

まだデータがありません。

Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。