東映アニメーション株式会社は、xR(AR/VR/MR)領域でアニメ表現のアプリを制作するGugenka®と、株式会社ダイナモピクチャーズと共に「ゲゲゲの鬼太郎」50周年記念xRデジタルアートプロジェクト「魂とアート」を発表しました。

今回は「魂とアート」に関連する3つのプロジェクトをご紹介します!

助平
みんな鬼太郎の妖怪だったら何になりたい?
キャプテンVR
ん〜、、俺は鬼太郎かな!
リッチマン
俺は一反もめんだな。空飛べるし。
サリー
私は目玉のおやじ♡ちっちゃくてかわいい♡
田中☆
僕はぬりかべ!こんにゃく美味しそう☆(じゅるっ)
助平
(田中。自分を食べることになるぞ・・)
助平
ふふふ。俺はだね・・・
キャプテンVR
(どうせ)
リッチマン
(ねこ娘だろ)
助平
・・・・・砂かけばばあだな!
キ/リ/サ/田
(そっちかい!)

①「ゲゲゲの鬼太郎」の世界を東京ゲームショウでVR体験

9月に開催される「東京ゲームショウ2018」Gugenka®ブースにて、「ゲゲゲの鬼太郎」の世界観を疑似体験できるVRアプリ『魂の送り火』が先行体験できます。

VRゴーグルはレノボのスタンドアロン型VR「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を使用。妖怪の世界に迷い込んでしまったあなたは「目玉おやじ」に導かれ「ゲゲゲの鬼太郎」でお馴染みのキャラクター達に出会いながら元の世界を目指します。

スタンドアロン型ということは、コードに接続されていなく、動き回ることが可能なので、没入感の高い体験ができそうで今からワクワクしますね。

演出:並松翔 / プロデューサー:三上昌史 / メインエンジニア:森橋晃 / モデリング:東映アニメーションデジタル映像部

②ARで「ゲゲゲの鬼太郎」があなたの隣にやってくる

Gugenka®が配信する3DCGのフィギュアを飾るスマホARアプリ「HoloModels」にて、 「鬼太郎」「目玉おやじ」「ねこ娘」「ぬりかべ」「一反もめん」のARフィギュアを今秋より販売予定。

ARフィギュアは等身大サイズにしたり、ポーズや表情を自由に設定し、本当にキャラクターが目の前に居るかのように現実空間に飾ることができ、私たちの生活のすぐ側にいる妖怪たちの気配を表現していきます。

机の上に目玉のおやじがいたら仕事中も癒やされそうですね^^

③「ゲゲゲの鬼太郎」の3Dムービー制作決定!

手を伸ばすと本当に鬼太郎たちに触れそうな飛び出す3D映像で、大迫力のゲゲゲの森を体感できる、アトラクション・シアター向け3Dムービー作品『魂の行方』を株式会社ダイナモピクチャーズが制作します。

あらすじ
日常への不満をSNSに投稿した男は、いつの間にか「ゲゲゲの森」へ迷い込み、数々の奇妙な出来事を目撃する。無数の魂が彷徨う不気味なその空間で、窮地に陥った男に果たしてどのような結末が待っているのか…!?

全国各地の常設シアターへのソフト配給から、イベント向け簡易シアタ—の短期レンタルまで、様々な形態での上映が可能のようです。様々な施設で導入されることを期待しましょう!

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」公式HPhttp://anime-kitaro.com/
ゲゲゲの鬼太郎 xRデジタルアートプロジェクト紹介ページhttps://gugenka.jp/event/kitaro.php

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション ©Gugenka®
©Dynamo Pictures

< VR/ARに関するお問い合わせ >
Gugenka®(株式会社シーエスレポーターズ)
お問い合わせフォーム:https://gugenka.jp/inquiry/

< 3Dムービー配給・レンタルに関するお問い合わせ >
株式会社ダイナモアミューズメント 企画営業部 (TEL03-5256-5395)

GAMES
友だち追加
Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。