田中☆
これはすごいですよすごいですよー
助平
うむ。(ついに業界でも噂になってた情報が開示されたか…)
キャプテンVR
やるなーハウステンボス!みんなで行こうよ!
リッチマン
いいよー。暖かくなったらね

 

長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」は、第7の王国「夢と冒険の王国」の開幕に向けて、VRやARコンテンツを常設する日本最大のテーマパークとして本格展開するこを発表しました。

2017年、世界中のVR・AR技術を堪能するならハウステンボスで決まり!

huistenbosch_01

2014年に業界初のVRゲームの常設アトラクションを開設したハウステンボス。2015年にはAR技術を活用したプレイヤーが腕から炎を放ちモンスターを倒すアトラクションを導入し、2016年にはVR技術とお化け屋敷を融合させた新感覚の恐怖体験ができる、日本初の常設ホラーアトラクションなどを展開してきました。

2017年は既存施設の改修しつつ、VR・AR技術を活用した新感覚の恋愛アトラクションや壮大なSFアトラクション、世界中のVR・AR技術を一堂に集める施設など、約30種類のVR・ARコンテンツが体験できる環境を順次整備していくそうです。

写真左:VR×お化け屋敷日本初アトラクション「VRホラーハウス」 写真右:腕から火を放つ対戦型ARアトラクション「サモナーバトル」

写真左:VR×お化け屋敷日本初アトラクション「VRホラーハウス」
写真右:腕から火を放つ対戦型ARアトラクション「サモナーバトル」

2016年11 月1日時点で、既に8つのVR・ARコンテンツがあり、累計50万人が体験しているハウステンボスのVR・ARコンテンツ。
2016年に1月に取得し、大村湾の無人島長島(西海市)で開設予定の「夢と冒険の王国」でも、VR・ARをコアコンテンツにしていくとのこと。

現時点で、30種類ものコンテンツが常設されている(予定されている)テーマパークやアミューズメント施設は無いので、2017年に予定通り開設されれば、ハウステンボスが国内最大のVR・ARテーマパークになりそうですね。

ハウステンボス以外のテーマパークや遊園地でも、今度さらにVR・ARコンテンツは普及していくと思いますが、一先ず2017年のレジャーはハウステンボスで決まりですね!

参照元:プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter で
友だち追加

スポンサードリンク

Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。