CAセガジョイポリス株式会社は、自社が運営するアミューズメントパーク「JOYPOLIS」におけるニューブランドの位置づけとして、よりVRに特化した施設「JOYPOLIS VR」を展開します。

その第1号店として、渋谷駅前スクランブル交差点前のファッションビル「MAGNET by SHIBUYA109」(運営:株式会社SHIBUYA109エンタテイメント)に「JOYPOLIS VR SHIBUYA」を2018年10月25日(木)オープンします。

助平
渋谷にまたもVR施設がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
リッチマン
助平めっちゃテンション高いな
田中☆
ギャルの聖地だからね
キャプテンVR
早く「JOYPOLIS VR SHIBUYA」の内容を教えてくれ!(笑)

渋谷のド真ん中!最先端のVRアトラクションが体験できる「JOYPOLIS VR SHIBUYA」

「JOYPOLIS VR SHIBUYA」は、駅から近い立地で、短時間かつ最先端のVRアトラクションを気軽に体験できるVR特化型施設です。

VRファンに最先端の技術を楽しんでいただきたいのはもちろん、VR未体験・初心者にも気軽に楽しんで欲しいという思いから開業し、「一回、かぶっとく?」(VRのゴーグルをかぶる、の意)というフランクな合言葉をモットーに、渋谷カルチャーの象徴であるスクランブル交差点前という立地で、渋谷を訪れる若い世代や、訪日外国人観光客に向けて最新のエンタテインメントを提供し、感動と共感の発信地にしていきます。

キャプテンVR
それで一体どんなアトラクションが体験できるんだい^^?
助平
ふふふ。どれも最先端を極めた3つのVRアトラクションが用意されてるぞ!

国内初上陸!「TERMINATOR SALVATION VR」

「TERMINATOR SALVATION VR(ターミネーターサルベーションヴィ―アール)」は、米国のSPACES社が開発し、日本初上陸となる、映画「ターミネーター」をテーマにした、複数人で協力してターミネーターと戦うマルチプレイのVRガンシューティングゲームアトラクションです。

最大の特徴は、「ストーリー・リビング」型であるという点。

従来の、VRによってプレイヤーが物語やメッセージを伝えられるという受動的な「ストーリー・テリング」型と異なり、「ストーリー・リビング」型は、VR空間上でプレイヤー自身がまるで存在するかのように自分の物語を作っていくというリアルな没入体験が可能です。

プレイ中の装着イメージ

さらに、体験者はフロントで自身の顔を3Dスキャンしてもらい、VR空間に現れるアバターと合成することができます。

触覚フィードバック、モーショントラッキングといった機能も搭載し、VR内のアクションを見るだけではなく感じることも可能。プレイ中のゲーム画面は録画され持ち帰る事ができ、映画の登場人物になったような感覚になります。

リッチマン
これやばくないか。文章だけじゃなくて早く実際に体験して感じたい!
タイトル「TERMINATOR SALVATION VR(ターミネーターサルベーションヴィ―アール)」
ジャンルマルチプレイのVRガンシューティングゲーム
料金2,500円(1名あたり・税込)
プレイ人数1部屋最大4名(合計3部屋)
年齢制限7歳以上かつ身長110cm以上
プレイ時間約15分
備考※プレイ映像の配信が含まれます
※予約システムあり
https://www4.revn.jp/booking-jpvr-shibuya/

「ヒト」対「ヒト」の対戦型VRアトラクション「TOWER TAG」

「TOWER TAG」は、VR空間の上空までそびえたつタワーを舞台に、チームを組んで相手と撃ち合うガンシューティングアトラクションです。

ドイツのVR Nerds(ヴイアールナード)社とライセンス許諾契約の基本合意書を締結したCAセガジョイポリス株式会社が、国内では株式会社ダーツライブと協業して展開しています。

本作は、1人につき3×3メートルのスペースで、リアルな感触のガン・コントローラーを用いて迫力のあるシューティングを行うほか、壁を利用して相手の弾を避けたり、ワイヤー状の道具でタワーからタワーへと移動したりといったアクションを行いながら対戦します。

また、ライブモニター機能で、プレイヤー以外のギャラリーも巻き込んで多人数で楽しめます。

コンピューターやビデオゲームによる対戦型ゲームをスポーツ競技として捉え近年普及している「eスポーツ」の流れを汲んだ、VRの最も新しい形のひとつ「VR eスポーツ」のアトラクションです。

キャプテンVR
これはお台場の東京ジョイポリスで体験した!絶妙なバランスで設計されててシューティングゲーム初心者でも楽しめるしすごく面白かったな♪
タイトル「TOWER TAG(タワータグ)」
ジャンルVR eスポーツ 対戦型ガンシューティングアトラクション
料金1,000円(1名あたり・税込)
プレイ人数最大4名(2対2)
年齢制限7歳以上かつ身長110cm以上
プレイ時間約4分×2セット
備考※予約不要

二人で協力しながら進める謎解き脱出型VRホラーアトラクション「THE DOOR」

「THE DOOR(ザ・ドア)」シリーズは、仕掛けられた謎を解いて部屋を脱出するVRゲームです。

開発は、CAセガジョイポリス株式会社がVR事業で業務提携契約を締結している韓国の株式会社スコネックエンターテインメント社。

遺伝学研究博士ジェイコブは不治の病を患う愛娘エイミーの治療のため人々を監禁。そのほか、人形が閉じ込められた倉庫など、とても恐ろしい幽閉された空間から二人で協力で脱出します。

ホラー要素が強いものの、しっかりした謎解きが仕掛けられています。「THE DOOR(ザ・ドア)」はシリーズものとして複数話が展開されます。

田中☆
ホラー実体験室脱出病棟Ω(オメガ)の匂いがする…
タイトル「THE DOOR(ザ・ドア)」
ジャンル謎解き脱出型VRゲーム
料金1,600円(2名合計・税込)
プレイ人数最大2名
年齢制限13歳以上
プレイ時間約12分
備考※予約不要。2名でのプレイ必須。

・・・

助平
以上だ!もちろん今後さらにコンテンツが追加されていくみたいだぞ!
リッチマン
国内初上陸のタイトル2つを含む、計3つのVRアトラクションか!これは超期待!
キャプテンVR
11月には次世代VRエンターテインメント施設「TYFFONIUM SHIBUYA」がオープンするし、また盛り上がりそうだね!
田中☆
遅くまで営業してるから仕事終わりでも遊べるね!僕は仕事してないけど♪
助平
「VR」と「ギャル」、どちらも楽しみたい漢は渋谷へ集合だっ!

施設概要

施設名「JOYPOLIS VR SHIBUYA」
所在地東京都渋谷区神南1-23-10 MAGNET by SHIBUYA109 6F
アクセス「渋谷」駅直結
営業時間10:00~22:00(最終受付21:30)
料金入場無料 各アトラクションにて個別料金あり
公式サイトhttp://joypolis-vr.com/shibuya

Terminator Salvation™ ©2009 The Halcyon Entities’ Creditor Trust. All Rights Reserved. ™ Designates a trademark of The Halcyon Entities’ Creditor Trust
©VR-Nerds GmbH
©2018 SKONEC&YOUCANSTAR All right reserved

参照元:プレスリリース

GAMES
友だち追加
Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。