リッチマン
これは気になるぞ
助平
カールツァイスからピント調整不要のゴーグルついに出たんだー。そっかそっかー。
ひーくん
(普段はただのすけべなのに、情報通な所はかっこいいぜ)
ぴかる☆
ピント調整不要!?そりゃまたすごいな出しましたな!デザインもスタイリッシュでかっこいいときた!

 

カールツァイス株式会社は、VRゴーグル「ZEISS VR ONE Plus」を12月9日(金)に国内で発売することを発表しました。

”先進の光学設計”を搭載したピント調整不要のVRゴーグル「ZEISS VR ONE Plus」

news_zeiss_vr_one_plus_01

「ZEISS VR ONE Plus」は、ユニバーサルトレー方式を採用し、4.7インチから5.5インチまでのスマートフォンに対応したVRゴーグルです。5.5インチまで対応なので、iPhone6 PlusやiPhone7 Plusなどの大きいサイズのスマートフォンでも使えます。

このVRゴーグルの一番の特徴は、先進の光学設計により装着時のピント位置調整が不要という点!
ピント調整っていちいち面倒なので、使い勝手がいいですね。さすが、光学専業メーカーとして100年以上の実績を持つZEISS。

眼鏡をかけたままでも使用でき、約100度にわたる広大な視野の隅々まで歪みのない高精細なVR体験が得られます。

news_zeiss_vr_one_plus_02

スマートフォンはスライドして入れるタイプ

 

news_zeiss_vr_one_plus_04

 

news_zeiss_vr_one_plus_03

また“Google Cardboard SDK”に対応しており、“iOS”及び“Android”のどちらのスマートフォンでも豊富なVRアプリケーションが楽しめます。

価格は税抜き15,800円。VRゴーグル本体の他に、ユニバーサルトレー、ヘッドストラップが付きます。

news_zeiss_vr_one_plus_05

 

■製品概要
製品名:ZEISS VR ONE Plus
販売予定日:2016年12月9日(金)
メーカー希望小売価格:15,800円(税抜)
視野角(FOV):100°
IPD(瞳孔間距離):53mm~77mm
対応スマートフォン:液晶サイズ 4.7インチ~5.5インチ
同梱品:ZEISS VR ONE Plusヘッドセット本体、ユニバーサルトレー、ヘッドストラップ

参照元:プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter で
友だち追加

スポンサードリンク

Thanks!
ひーくん

アニメSAO(ソードアートオンライン)をきっかけにVRに興味を持った、二刀流好きの自称「エンジェル」なミーハーナルシスト。編集部ではもっぱら中二病扱い。

リッチマン

無類のVRゴーグルマニアでゲーム好きな超インドア金持ち。ありとあらゆることをVRで完結できればと思ってる。オンラインゲームは苦手。

ぴかる☆

3D動画はもちろん、アトラクションやホラー系のVRコンテンツが苦手なVR好きだがハンパない貧乏。好きな食べ物はエクレアとチャンジャ。

助平

VRへの造詣が深く、VR関係のコネクションも豊富で常に業界の最新情報が集まるVR業界の雄。同性、異性問わず多くのVRファンに支持されるが、とにかくギャル好きなスケベ。