CAセガジョイポリス株式会社が10月25日(木)に渋谷の「MAGNET by SHIBUYA109」に新しくオープンするVR特化型施設「JOYPOLIS VR SHIBUYA」。

先日、先行プレス体験会が開かれ、我々VR TOKYOも一足先に「JOYPOLIS VR SHIBUYA」に導入されるVRアトラクションを体験してきました!

キャプテンVR
待ってましたよこの日を!
助平
同じく!めちゃくちゃ楽しみにしていたのだよ私は!
キャプテンVR
助平も昨晩あまり寝られなかった感じ^^?分かるわー!だって国内初のVRアトラクションを…
助平
ふふふ、取材と称して真っ昼間からギャルの聖地「渋谷」に来れるんだからな。こんなに喜ばしいことはないっo(`・ω´・+o) ドヤ
キャプテンVR
は?
キャプテンVR
いや、俺は「国内初上陸のVRアトラクションを体験できる」ってことでテンション上がってんの!
助平
それにしてもあまり眠れなかったなんて…キャプテンもまだまだ若いな(笑)
キャプテンVR
…(まったく聞いてないなこのスケベ親父は)

「JOYPOLIS VR SHIBUYA」で遊べる4つのVRアトラクション

事前に発表されていた、「JOYPOLIS VR SHIBUYA」で体験できるVRアトラクションは

  • TERMINATOR SALVATION VR
  • TOWER TAG
  • THE DOOR

の3つでしたが、先行体験会当日に4つ目のアトラクション「ギリギリ!高所VR」の追加が発表されました!

キャプテンVR
こういうサプライズいいねー♪
助平
やるねーCAセガジョイポリスさん!これはアイドルのサプライズ参加とかも期待しちゃっていい流れかな!?
キャプテンVR
ありませんそんな演出!(今日は助平と2人きりだからめっちゃ疲れる…)

今回は、以前お台場のジョイポリスで体験した「TOWER TAG」を含め、10/25のオープン時に提供される全てのVRアトラクションを体験させてもらったのでレポートをお届けします。

初づくしの「TERMINATOR SALVATION VR」

まずは、米国のSPACES社が開発し日本初上陸となる「TERMINATOR SALVATION VR(ターミネーターサルベーションヴィ―アール)」を体験!

本作は、映画「ターミネーター」をテーマにした、複数人で協力してターミネーターと戦うマルチプレイのVRガンシューティングゲームアトラクションです。

日本初上陸のタイトルであるという以外にも、3Dスキャンした自分の顔がVR空間のアバターに反映するという点、そしてプレイした映像を後ほど送ってもらえるなど、今までのVRアトラクションにはない「初めて」の要素がふんだんに詰まっています!

最初に配布されるQRコード。このQRコードを使用してプレイヤー情報を登録するため、次回以降はQRコードをかざすだけでプレイが可能

タブレットが埋め込まれた専用端末にQRコードをかざし、氏名やゲーム内で表示するアバター名、メールアドレスを入力。登録したメールアドレス宛にプレイ映像が送られる

正面、そして左右に首を振り顔をスキャン。プレイ前から未来感が溢れテンションが上がる!

助平
キャプテン、何か言うことあるよね?
キャプテンVR
前髪が長すぎて頻繁にエラーを起こしました。他の取材者たちを待たせてしまったこと、ここでお詫び申し上げます…

全員のスキャンが終わるとステージに移動し、参加者たちと一緒にブリーフィングが行われます。

目的は、人類の破壊を狙う組織から人類を守ること。人間とターミネーターのハイブリッドソルジャーとなり出陣!

バックパックPCを背負い、VR HMDと専用のガンコンを装備

実際のプレイ映像

こちらがプレイ後にもらった実際のプレイ映像。プレイ映像は、ダイジェスト版とノーカット版、それぞれもらうことができます。

事前に説明は受けていましたが、やはりアバターに自身の顔が映し出されると没入感が高まります!そして、トラッキングの精度が抜群に高く指の動きまで正確にVR空間でも反映され、映像も非常に綺麗です。

プレイ中には、実物を使って核燃料電池やヒューズをセットするという演出も。「Vive トラッカー」がうまく活用されている

敵ターミネーターは3方向からとめどなく現れますが、たいして強くないのと銃もリロードせずに打ち続けることができるので簡単に倒せます。

また、敵ターミネーターたちとの戦闘の前には射撃訓練も設けられているので、「シューティングもVRも初心者」という方でもしっかり楽しむことができる仕上がりになっていました。

逆に、あっさり倒せてしまい苦戦することもないので、VRやシューティングに慣れてる人からすると少し物足りないかも。

ステージの広さと4人プレイということで、移動できる範囲も狭くほぼ立ち位置から動かずに戦えてしまうので、難易度の追加だったり、4人で協力することでやっと倒せるようなボス戦や激しい銃撃戦など、今後のアップデートに期待したいです!

助平
2,500円という価格は中々だが、3Dスキャンやプレイは映像が送られてくるのはすごいな!
キャプテンVR
ダイジェスト版の仕上がりもすごくいい感じ!技術やクオリティはとても高いから、ゲーム性の部分で改良されるともっと楽しめそう!
ジャンルマルチプレイのVRガンシューティングゲーム
料金2,500円(1名あたり・税込)
プレイ人数1部屋最大4名(合計3部屋)
年齢制限7歳以上かつ身長110cm以上
プレイ時間約15分
備考※プレイ映像の配信が含まれます
※予約システムあり
https://www4.revn.jp/booking-jpvr-shibuya/

VR eスポーツ「TOWER TAG」

続いて、2018年2月9日からお台場の東京ジョイポリスで稼働を開始した、VRの最も新しい形のひとつVR eスポーツ アトラクションの「TOWER TAG」を体験!

「TOWER TAG」は、VR空間の上空までそびえたつタワーを舞台に、チームを組んで相手と撃ち合うガンシューティングアトラクションです。

「JOYPOLIS VR SHIBUYA」では4分×2セットでのプレイとなっており、最初の4分間は練習、2回目が本番と区切ることで、「TOWER TAG」をプレイするのが初めての人でもゲームシステムを理解し楽しめるよう配慮されていました。

開発陣にはサバイバルゲームのワールドチャンピオンがいるというだけあり、「陣取り×移動×シューティング」のゲームバランスが絶妙で、3×3メートルという省スペース(1人につき)でも狭さを感じさせずに体を動かせ、ついついもう1プレイしたくなるVRアトラクションです。

プレイ映像はモニターに映し出され、ギャラリーも楽しむことができる

助平
ワイヤーアクション楽しい!移動するためにかけたワイヤーで敵の行動を予測して裏をかいたり、色々思考する要素もあってゲーム性も高いな!
キャプテンVR
ヘッドショットとボディではダメージ量が違うんだって!ポイントは目線の高さに銃を持ってくること!これは絶対プレイすべきVRアトラクションの1つだね!

関連:【体験レポート】ジョイポリスに国内初上陸の「TOWER TAG」はマジで体験すべき対戦型VRシューティング!

ジャンルVR eスポーツ 対戦型ガンシューティングアトラクション
料金1,000円(1名あたり・税込)
プレイ人数最大4名(2対2)
年齢制限7歳以上かつ身長110cm以上
プレイ時間約4分×2セット
備考※予約不要

VRとの相性抜群「ギリギリ!高所VR」

先行体験会当日に導入が発表された追加コンテンツの「ギリギリ!高所VR」も体験してきました!

「ギリギリ!高所VR」は、高層ビルのふちギリギリを恐怖に打ち勝ち渡り切る体感型アトラクションです。

実際のプレイ映像

高所を渡るという以外なにものでもないシンプルなアトラクションですが、VRとの相性は非常に良いですね。後半の鉄パイプを渡りあるくシーンは、前半の壁に背をつけて歩くシーンと違い支えが一切ないので没入感がさらに高くなります。

体験した我々は、どちらも高所が苦手ではないため絶叫することはありませんでしたが、高所が苦手な人や女性の方などはばっちり楽しめるアトラクションです。

内装イメージ。体験スペースはトリックアートとなっていて、渋谷の景色を背負った非日常な写真も撮影できる

助平
ハァハァ…ハァハァ…
キャプテンVR
どうした助平!?本当は怖かったのか!?
助平
いや、私をサポートしてくれた女性スタッフの香りがめちゃくちゃ良くて!
キャプテンVR
こいつ全く高所を体感してないな…
ジャンル高所体験型VRアトラクション
料金800円(1名あたり・税込)
プレイ人数最大1名
年齢制限7歳以上かつ身長110cm以上
プレイ時間約5分

トップクラスの面白さ「THE DOOR」

最後にご紹介するのは、同じく国内初上陸の謎解き脱出型VRホラーアトラクション「THE DOOR」。

遺伝学研究博士ジェイコブが不治の病を患う愛娘エイミーの治療のため人々を監禁し、プレイヤーたちはその監禁された1人という設定で、幽閉された空間から2人で協力して脱出します。

「THE DOOR」イメージキャプチャー1(実際にプレイした映像とは異なります)

体験した感想は、「こわい!!おもしろい!!むずかしい!!」に尽きます(笑)

謎解きに集中したいのに所々で入ってくるホラー演出に集中力がかき乱され、時間制限もあるので徐々に追い込まれていく感じがたまりません。

「THE DOOR」イメージキャプチャー2(実際にプレイした映像とは異なります)

閉鎖空間は正面だけでなく常に周りにも気が抜けず、VRホラーお決まりの脅かし方を知っていても怖い。

そして、もう1人のプレイヤーと協力して謎を解くというのが本作の最大魅力です。VRの醍醐味が凝縮されており、VRだからこそここまで楽しめる内容に仕上がっていました。(プレイヤーは同じ空間にいますが、体験できる内容が異なるので交換して再プレイしても面白そうです!)

ちなみに運営者の方に聞いた話では、今回の先行体験会でクリアできた方たちは、スタッフさん含めいないとのことでした。(我々もあと少しというところでクリアできず、バットエンドに…)

「THE DOOR」は、シリーズものとして複数話が展開され現在他のエピソードも開発中。VR TOKYO的には、これまで体験したVRアトラクション・コンテンツの中でもトップクラスの面白さだったので、ぜひ体験してほしいです!

助平
ハァハァ…これめちゃくちゃ面白ぞ
キャプテンVR
ハァハァ…うん、交代してもう一回プレイしよ(笑)
ジャンル謎解き脱出型VRゲーム
料金1,600円(2名合計・税込)
プレイ人数最大2名
年齢制限13歳以上
プレイ時間約12分

・・・

以上、オープン時に体験できる全VRアトラクションのレポートでした!

「JOYPOLIS VR SHIBUYA」は、コンセプト通り、「最先端技術を提供しながらVRファンから初心者までが楽しめるVRアトラクションを取り揃えていた」という印象でした。

渋谷駅前のスクランブル交差点前とアクセスも良く、今後も随時新しいVRアトラクションを導入していくということなので足を運んでみてください!

施設概要

施設名「JOYPOLIS VR SHIBUYA」
所在地東京都渋谷区神南1-23-10 MAGNET by SHIBUYA109 6F
アクセス「渋谷」駅直結
営業時間10:00~22:00(最終受付21:30)
料金入場無料 各アトラクションにて個別料金あり
公式サイトhttp://joypolis-vr.com/shibuya

Terminator Salvation™ ©2009 The Halcyon Entities’ Creditor Trust. All Rights Reserved. ™ Designates a trademark of The Halcyon Entities’ Creditor Trust
©VR-Nerds GmbH
©2018 SKONEC&YOUCANSTAR All right reserved

GAMES
友だち追加
Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。