2017年9月21日(木)から24日(日)までの4日間開催される東京ゲームショウ2017(以下、TGS2017)に、我々VR TOKYOもプレスとして初日のビジネスデイに初参加してきました!(ちなみにスケジュールの都合で編集部から参加したのはキャプテンとリッチマンの2名)

リッチマン
いやー、もう本当お祭りだね!イベント名の通り、ゲームの祭典!ほら

助平
ぷ、ぷ、プレス!いいなー!俺も合コンとかぶ…どうしても外せない仕事があっていけなかったけど、めちゃくちゃ行きたかったぜ!
リッチマン
助平はいま何を言いかけたのかな?
キャプテンが前日に体調崩したらしく、いきなりマスク&グロッキーな姿で登場したのには正直驚いたけど(^^;
助平
え!?そうだったの!?
キャプテンVR
はい…。初めてのTGSは最先端のゲームとリッチマンの優しさに触れるイベントでした
田中☆
イベント前日に体調崩すとか、遠足や運動会が楽しみで熱出しちゃう子供みたいだね☆キャプテンもまだまだ子共だな~♪
サリー
田中くん!そんな言い方しちゃダメだよー
キャプテンVR
サ、サリー…(兄妹で優しいな)
サリー
見た目は本当に子供なんだから♪
キャプテンVR
( ;∀;)
キャプテンVR
と、とにかく!TGS2017のVR分野の出展数は117タイトル(昨年110)もあったんだよ!その中で体験してきたVRコンテンツを紹介するね!

スピンバイクを漕ぎながら対戦するVRシューティング「アーティファイト」

アーティファイトは、スピンバイク筐体を用いて最大3vs3のチーム対戦で遊べるVRシューティングバトルゲーム!(スペースの関係上、TGS2017では最大2vs2)

『制限時間内にポイントを多く取った方が勝利』というシンプルなゲームルールで、ポイントはフィールドに点在するポータルを破壊するか、相手プレイヤーを攻撃することによって相手のポイントを奪うこともできるというもの。特徴が異なるマシンが全4種類あり、ゲーム開始前に選択します。

コントローラー(左右)のトリガーを引いて旋回し、ペダルを漕ぐと進むことができる

開始直後はポータルの破壊や相手プレイヤーへの攻撃に意識が行き過ぎ、ついついペダルを漕ぐのをやめてしまう。途中からは慣れてきて、常にペダルを漕ぎながらプレイできましたが、シューティングゲームとペダルを漕ぐという作業を同時にやるのは想像以上に疲れ、いい運動をしたなという感じ(笑)

不思議とVR酔いは全くなく、友達同士でチーム対戦するともっと楽しめそうです!

対戦プレイ中のキャプテンとリッチマン

キャプテンVR
俺こういうの好きだー♪ちなみにリッチマンに勝ちました☆
リッチマン
日頃の移動は全て専属運転手がやってくれるからな。運動不足が出たぜ
出展社アンビリアル
展示コーナーVRコーナー/ARコーナー
URLhttp://unbereal.co.jp/

協力プレイが可能な超高画質VRFPS「Rays」

Raysは、最大4人での協力プレイが可能なVRFPS!今回はビジネスデイだったのでソロプレイでしたが、操作感なども含めストレスなくプレイすることができました。

特に圧巻だったのは、画質の綺麗さ!(開発はUnreal Engine)
やはり画質のクオリティが上がると没入感も増しますね。VR SPEACE SHIBUYAや大阪のタイトーステーションでもプレイできるそうです。

子供のように楽しむキャプテン。しかし最初のステージでTHE END

Raysを開発したダズルさんは、VR プロダクトの分析・運用サポートサービス「AccessiVR」も提供しています。

リッチマン
俺は最終ステージのボスまでクリアしたぞ!
キャプテンVR
ゲームの腕前めっちゃ褒められてたね(笑)
出展社ダズル
展示コーナーVRコーナー/ARコーナー
URLhttps://dzl.co.jp/services/rays

匂いを出すデバイス「VAQSO VR」で2社のコンテンツを体験

VR HMDに取り付けることができ、VRのコンテンツと連動して複数の匂いを出すことができる「VAQSO VR」というデバイスを体験してきました!TGS2017では、9つのコンテンツとコラボレーションしています。(各コラボの確認はこちら

ブースではリアル透明少女にも出会えました。落としたカメラのフィルターをすぐに拾ってくれる超いい子たちです

時間の都合で体験できたのは2社だけでしたが、以前VR センスを体験した時と同様で、匂いが+されるとリアリティが高まります!

激烈おとっつぁんの ちゃぶ台返し

ゲーム内のおとっつぁんがちゃぶ台をひっくり返すことで飛んでくる料理を食べ、お皿は避けてポイントを競うゲームです。提供はクリーク・アンド・リバー社。

料理は、さんまの塩焼きや鶏のから揚げがあり、おとっつぁんがちゃぶ台をひっくり返す度に、さんまの塩焼きや唐揚げの匂いがちゃんとしてきました。しかもその匂いがすごくリアル(笑)

ゲーム自体はシンプルですが、最後のお皿を避けるのが難しく何度も挑戦したくなります。

PCなどの機器に接続しないケーブルレスのスタンドアロン型VR HMD「アイデアレンズK2プラス」

今回初めて「アイデアレンズK2プラス」を装着しましたが、装着感が良く非常に軽かったです。今後もっと普及していきそうですね。

URL:http://www.cri.co.jp/

ドリームペット・VR

「ドリームペット・VR」は、サンフランシスコのSubdream Studiosが開発した、ペットと触れ合うことができるコンテンツです。

3種類の中から好きなペットを選び、コーディネートをしたりフリスビーを使って外で遊んだりすることができます。

フリスビーを投げると健気に取ってくるワンちゃんにズキュン

匂いに関しては、プレイ途中で香水を使うシーンがありそこで体験するのですが、とにかく甘かった(笑)

正直、匂いよりも純粋にコンテンツが楽しかったです!ペットがめちゃくちゃ可愛くて、ペットを飼いたいけど飼えないなんて人はめちゃくちゃはまると思います。

URL:https://www.subdreamstudios.com/dream-pets-vr/

リッチマン
「ちゃぶ台返し」は途中から全部の食べ物がミックスした匂いに感じた(笑)
キャプテンVR
「ドリームペット・VR」は女性受け間違いないね!VR+匂いはリアリティが高まります!
出展社VAQSO
展示コーナーVRコーナー/ARコーナー
URLhttp://vaqso.com/tgs2017/index-jpn.html

自分の声で魔法が放てる「中二病VRオンライン」

「なんだこのタイトル…」と思わず足を止めてしまったのが「中二病VRオンライン」。

剣と魔法でモンスターを倒すというVR-MORPGなのですが、実際に自分の声で呪文を唱えると魔法を放つことができるというのがすごく新鮮でした!

ゲームの世界にはキズナアイちゃんもいたぞ!

今回は「ファイア」のみでしたが、呪文を詠唱する前に中二病な台詞をプラスすることで魔法の威力がアップする仕様になっています。

会場は色んな音が出ているので音声認識がうまくいかない事もありましたが、画質も綺麗なので「我こそは中二病!」と思う方は是非!

キャプテンVR
ちょっと恥ずかしくて中二病な台詞は言えなかったけど、自分の声で魔法が放てるのは面白い体験だった!
リッチマン
十分「ファイア」の一言だけ中二病の気質を感じたよ(笑)
出展社VR IMAGINATORS
展示コーナーインディーゲームコーナー
URLhttp://vr-imaginators.jp/

学生が作ったとは思えない高クオリティな2作品-文教大学-

文教大学の生徒さんが出展している作品にはVRコンテンツが2つあり、どちらも体験してきましたよ!

江戸時代末期の宿場町街路景観シミュレーションシステム

藤沢市とタイアップし、江戸時代末期の藤沢宿をVRで再現したコンテンツです。

本当に隅々まで再現されており、再現エリアもかなり広い。その広さは今回の体験では全エリアを体験できなかったほどです。

目線の高さも連動されるので立つと臨場感がアップし、画質も良いので没入感があるのですが、VR酔いはありませんでした。ちゃんと橋から川へ落ちることもできます。

まだゲーム要素はありませんが、これから少しづつ足していくそうです。

地元の資料館と協力しているらしく、地域活性などに貢献している点も素晴らしいです!

脈拍数に応じて演出が変化するホラーゲー ムデザイン

HMDと脈拍数計を使ったVRホラーゲームです。

内容はシンプルで、リビング・寝室・ユニットバスという3つの部屋にそれぞれギミックがあり、奥の部屋に行くとまた同じ3つの部屋があって再び巡るというものです。周回するたびに新たなギミックがあります。

特徴は、ユーザーの脈拍数の上昇値に応じて演出が変化するという点。発想がおもしろいですね。

実際に装着した脈拍数計。恐怖に対する調査として、さまざまな分野の映画やゲームを約20分ほど鑑賞・プレイしたそう

演出は、モンスターなどのクリーチャーが出てきたりするわけでなく、音などで怖がらせる感じで、画質は高画質というわけではなく、そこそこ良かったなというところ。結構VR酔いはしました。

ちょっと長めの内容だったので、今回は最後まで体験できませんでしたが、またやる機会があれば最後までやってみたいと思わせるコンテンツでした!

リッチマン
どちらのコンテンツもクオリティが高く、とても学生が作ったとは思えない程だったよ!
キャプテンVR
12月16日(土)10:30〜14:30の間で、文教大学湘南キャンパスでこういったプロジェクトの合同成果発表会があるよー!どなたでも投票できます☆
出展社文教大学
展示コーナーゲームスクールコーナー
URLhttp://www.bunkyo.ac.jp/

CHAIN MAN

8月15日にSteamでダウンロード販売を開始したVRステルスホラーゲーム「CHAIN MAN」が、PS VRで体験できました!

「CHAIN MAN」は、ゾンビが溢れる島から謎解きをしながら脱出するのが目的で、バイオハザードなどとは違い一切攻撃手段がありません。

画面に映るのはチェーンを持ったゾンビ。見つかると速攻でヤラれます(笑)

ステージを移動している最中にぬいぐるみが落ちてきたり、ホラーゲームお決まりの演出がありますがやっぱり怖い。モノトーンを基調としたステージは一層恐怖を駆り立てます。

PS VRでもリリースするそうなので楽しみです!

キャプテンVR
また今度じっくりとプレイしたい
リッチマン
PS VRで出たら絶対買います!

出展社桜花一門
展示コーナーインディーゲームコーナー
URLhttps://www.oukaichimon.com

PSVRの最新作やFallout 4 VRは体験していません

キャプテンVR
こんな感じでね、まだ世の中には出ていないVRコンテンツなんかも楽しむことができました!
各ブースではゲストを招いたりもしていて、こんな綺麗なYouTuberさんたちもいたよ☆

モデル、YouTubeでは「ashli. ch」で主にゲーム動画をアップし活躍しているアシュリーさん

YouTubeでゲーム実況動画を配信している「TOMO やしき」のTOMOさん(左)と「なっこちゃんねる」のなっこさん(右)

田中☆
うんうんいいね!僕は2人が楽しんで来れたのが何よりだよ~☆
キャプテンVR
田中、今日は絶妙なアメとムチだな
助平
で、PS VRの「Bravo Team」や「Skyrim VR」、HTC Viveの「Fallout 4 VR」とかは?当然プレイしたんでしょ?
リッチマン
いえ、体験していません
助平
ファッ!?
キャプテンVR
正確には「体験したくてもできなかった。」という感じですね
助平
エージェントCとRよ。キミたちはミッションの肝とも言えるVRを体験してこなったようだが。なぜだ?理由を聞かせてもらおう
キャプテンVR
まずPS VRに関しては、事前に予約をしていれば体験できたのですが、予約をしておらず、キャンセル待ちという手もありましたが、人気過ぎてキャンセルを待っていても体験できる保証はないということで断念しました。
リッチマン
HTC Viveのブースでは、「Fallout 4 VR」や週刊少年ジャンプで人気だった作品「暗殺教室」をVRゲーム化したコンテンツなどもありましたが、コンパニオンさん達の撮影に夢中になっていたら整理券の配布が終了していました。
サリー
もう!お兄ちゃんたちなにやってるのよ!
助平
いや待てサリー!いま「コンパニオンさん」と言ったか?
キャプテンVR
はい!どのブースのコンパニオンさん達も美しかったであります!
助平
そうか。そういうことだったのか…。2人とも真のミッションをクリアしてきたようだな。よくやった!むしろありがとう!
リッチマン
早急にアップしますので、今しばらくお待ちください!
田中☆
こんな感じでTGS2017の初参加レポートは終了です!2人は休憩中に美味しいご飯も食べたようだし、来年は僕も参加してグルメレポートするぞ~♪
TGS2017の公式アプリをDLしておけば各ブースの待ち時間も分かるみたいだから、一般公開日に行く人たちはお忘れなく~^^
TGS2017

TGS2017
無料
posted with アプリーチ

「東京ゲームショウ2017」開催概要

名称東京ゲームショウ2017(TOKYO GANE SHOW 2017)
主催一般社団法人コンピューターエンターテイメント協会(CESA)
共催日経BP社
※東京ゲームショウ2017はJ-LOP4の補助を受けています
特別協力ドワンゴ
会期

2017年9月21日(木)~22日(金)ビジネスデイ 10:00~17:00
※ビジネスデイは、ビジネス関係者およびプレス関係者のみの入場となります。
2017年9月23日(土)~24日(日)一般公開日10:00~17:00
※一般公開日は、状況により、9:30に開場する場合があります。

会場幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)
展示ホール1~11/イベントホール/国際会議場
来場予定者数25万人
入場料一般(中学生以上)・・・当日1,200円(前売券:1,000円)
(一般公開日)小学生以下は無料
URLhttp://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/
友だち追加

スポンサードリンク

Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。