CAセガジョイポリス株式会社が運営する東京・台場の屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」に、2018年2月9日から新しくオープンする対戦型VRシューティングゲーム「TOWER TAG(タワータグ)」の先行体験会へ参加してきました!

欧州でも話題沸騰で、東京ジョイポリスが日本初上陸となる最新アトラクション「TOWER TAG」の体験をレポートします。

TOWER TAGとは?

開発はドイツのVR Nerds(ヴイアールナード)社。

「TOWER TAG」は、VR空間の上空までそびえたつタワーを舞台に、チームを組んで相手と撃ち合うガンシューティングゲームです。

1人につき「3メートル×3メートル」のプレイスペースが用意されていて、専用のガンコンを使ってシューティングを行うほか、壁を利用して相手の弾を避けたり、ワイヤー状の道具でタワーからタワーへと移動したりといったアクションをしながら対戦します。

最近では複数人で楽しめるVRシューティングアトラクションも増えてきましたが、「TOWER TAG」の場合は2VS2のチーム戦、そして「ヒト」VS「ヒト」というのが最大のポイント!

また、開発陣にはサバイバルゲームのワールドチャンピオンがいて、ゲームとしてはシンプルなものの戦略の奥深さを堪能でき、身体全体を動かす「スポーツ」の要素が大きいアトラクションとなっています。

キャプテンVR
ワールドチャンピオンって凄いよね(笑)
リッチマン
実際のサバゲーでは絶対勝てないけど、ゲームなら自信あるぜ。チャンピオン勝負しよう!

シンプルだけど奥深い。考え抜かれた最高のVRシューティングゲーム

2名1組でチームを組んだ後に、VR HMD(HTC Vive)・ヘッドホン・ガンコンを装着し、簡単な説明とフィールドでのチュートリアルを行い本番開始!

今回の体験でプレイしたステージは、SF映画トロン・レガシーの様な空間に似た近未来溢れるサイバーチックなステージ。他にも3ステージあるそうです。

ステージには多くの浮島の様なタワーがあり、銃口をタワーの先端に向けトリガーを引くことでワイヤーが飛び出し、ガンコンを手前に引くことで移動ができます。

このワイヤー移動、操作は簡単ですがワイヤーを引っ掛けてすぐに移動できるのではなく、引っ掛けてからタワーのゲージが貯まるまでは移動ができません。タワーのゲージを貯めている最中は無防備な状態になりますし、注意が必要です。

逆に一度自チームで占拠したタワーは、ワイヤーをかければすぐに移動することができます。タワーを占拠し素早く移動できれば、攻撃面でも回避面でも有効。

事前の説明通り“シンプルなゲームシステム”ではあるもののチーム戦であることや、相手が「ヒト」ということもあり、対戦しているということを強く意識できます!

「3メートル×3メートル」のプレイスペース

また、ワイヤーによる移動アクションも簡単で弾のリロードも必要ないので、シューティングゲーム初心者でも1ゲーム目から「相手との対戦をしっかり堪能する」ことができ、絶妙なバランスで設計されているなと感じました。

壁に隠れるといったカバーアクションを駆使して行う銃撃戦、遠距離からの射撃、タワーを占拠し機動力を上げ敵の背後に回り込む、意表をついて2人で特攻、ボイスチャットでの連携etc…

たった5分の体験でしたが、様々な要素が組み込まれていてめちゃくちゃ楽しむことができましたよ!

勝敗について

勝敗は、相手のチームよりポイントが多かったチームが勝利となり、このポイントは相手チームの2人を倒すことで獲得できます。

プレイ中もVR空間に両チームのポイント、残り時間が表示されている。

2人を倒す、また自チームの2人が倒されるとリセットされ、全プレイヤーが初期位置から再開します。(この区切りを「ラウンド」と呼び、5分間の中でこのラウンドを繰り返していきます。)

倒されたプレイヤーは次のラウンドまで待機となりますが、視点が上空からフィールド全体を俯瞰できる状態になるので、仲間へのコーチングができサポートできます。

助平
外部モニターにバトルの様子が映し出されるから、それを見てるだけでも楽しいの〜♪

個人成績には「デス数」「キル数」の他に、事前にダメージを与え味方のキルに一役買った場合にカウントされる「アシスト数」があり、チームの勝敗とは別に個人の成績を確認することも可能。

解像度も良くプレイ時に画質が気になることはなくて、ワイヤーアクションによるワープに似た移動と、3メートル×3メートルの四方空間はしっかり動けるのでVR酔いも全くしませんでした。

よむネコ代表「新 清士氏」も絶賛!

そして体験終了後、他の体験者たちのプレイを見ていると妙に構えから手慣れた男性が…

サッ!

シュッ!

パーンッ!

キャプテンVR
あ、よむネコの新さん!
助平
ん?よむネコって、JapanVR Fest 2018銀座で「めちゃくちゃ面白いVRRPG体験してきた!」ってキャプテンが激しく興奮してた、あのVR開発会社のよむネコさん!?

新 清士
VRゲームの企画・開発・運営を行っている株式会社よむネコの代表取締役社長。現在、完全新作のオリジナルVRRPG「Project BK(仮題)」を開発中。ジャーナリスト(ゲーム・IT) 著書に『VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む』(NHK出版新書)
キャプテンVR
よし!感想を聞いてみよう

新さんの感想

「非常に可能性を感じました。シンプルですがサバゲー的な要素が組み込まれていて、VR的な解決案も上手いですね。ワイヤーによるワープ移動で空間を占拠させて、ルームスケール空間は広すぎないので安全面も考慮されており、すごく考えて作られているなと思いました。ワイヤーアクションの操作も難しくなく1度体験すれば理解できますし、面白かったです。」

リッチマン
VR業界の最前線で活躍する人からもこの評価!
田中☆
やっぱり実際にVRゲームの開発してる人はコメントが的確だ!

ダーツライブ社と協業し今後は大会の開催も!

CAセガジョイポリス株式会社は、本アトラクションを「VR eスポーツ」と定義していて、今後、国内外のレジャー・エンターテイメント施設に展開していく他、国内の展開は株式会社ダーツライブと協業することで、ダーツライブ社のレーティングシステムやノウハウを活用して、全国のプレイヤーをランク別に分けた大会なども開催していく予定です。

本当に面白いVRシューティングゲームなので、プレイできる場所を増やしてどんどん盛り上げて欲しいですね。

まさに「VR eスポーツの先駆け」となるTOWER TAG、ジョイポリスで体験することを激しくおすすめします!

『TOWER TAG』概要

住所東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ3F〜5F(東京ジョイポリス 2nd Floor)
ジャンル対戦型VRシューティングゲーム
料金1名/800円。
※予約不要※東京ジョイポリス入場に別途料金。
※パスポート利用可
プレイ人数最大4名(2対2)
※4名1グループでの案内。
※4名以外の人数で利用の場合、他のお客様と一緒のグループになります。
年齢制限13歳以上
プレイ時間5分×1セット
ゲームエリア3メートル×3メートル(1名あたり)
URLhttp://tokyo-joypolis.com/attraction/2nd/towertag.html

 

◆TOWER TAG:© VR-Nerds Gmbh

GAMES
友だち追加
Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。