2017年7月14日(金)に新宿にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」。VR TOKYOも早速体験しに行ってきました!

本記事では、VR ZONE SHINJUKUで体験できるVRアクティビティの1つ「マリオカート アーケードグランプリ VR」の体験レポートをお届けします。

リッチマン
俺さ
助平
お。リッチマンどうした急に。
リッチマン
うん。小さい頃からのささやかな夢があってさ。
助平
うんうん。(記事タイトルでネタバレしているけど聞いてあげよう)
リッチマン
実はさ・・・
サリー
(お兄ちゃん頑張って!)
リッチマン
マリ・・
田中☆
マリオカートを実際に体験してみたいんでしょ?!記事タイトルでばればれだよ〜〜☆
助平
!!
サリー
もー!田中くん!なんで言うの!プライド高いお兄ちゃんが勇気振り絞ってたのに!
リッチマン
・・・
助平
ほんと田中は空気読めないというか、無駄なところで頭冴えてるというか・・
キャプテンVR
なになにー?マリオカートVRの話ー?
サ/助
!!
キャプテンVR
俺この間VR ZONE SHINJUKUで体験してきたからレビューするよ!
リッチマン
え・・・・
サ/助
キャプテンのばか!!!

マリオカート アーケードグランプリ VRとは?

“このマリオカート、ヤバイ。”

ついにあの大人気ゲーム「マリオカート」がVR ZONEに登場!!最大4人まで同時プレイでき、走るだけではなくお馴染みのマリカーアイテムを使って攻撃し、対戦相手を妨害することができます。

小さい頃、みんなで集まって夢中になっていたあの世界に自分が飛び込めるなんて想像できたでしょうか。。

感動に打ち震えながらも、早速VR TOKYOメンバーで体験をしてきたので雑感含めレポートします!

「マリオカート VR」体験レポート

列に並んでいると、操作方法などが載っているパネルを渡され、係の人が丁寧に説明してくれました。

操作はとても簡単なので、普段ゲームなどをしない人でもすぐに覚えられると思います。(ゲームセンターにあるレーシングゲームとほぼ同じです)

レース中使用できるアイテムはお馴染みの「バナナ」「ハンマー」そして「ミドリこうら」があるみたいです!・・・・・・早くぶつけたい!!

キャラクターはマリオ/ルイージ/ピーチ/ヨッシーの4つから選べますが、キャラかぶりはできないので、待っていてる間に話し合って決めましょう。

 

そして、10分ほど待って遂に自分達の順番が!


椅子に座った後、HTC Viveとヘッドホンを装着するのですが、ヘッドホンにマイクがついているので同時プレイしている人の声がダイレクトに聞こえ、臨場感はMAX!!

そして、両手には「VIVE トラッカー」を装着して、映像の中でアイテムを掴んだり投げられるようになります!

VIVE トラッカーを装着し、映像内でアイテムを掴めるようにします。

ちなみに、先述したとおり4人一組(または2人1組)でプレイする必要があるので、1人で参加する場合は、見知らぬ人のチームに参加するか、誰もいない場合は、スタッフさんが一緒にプレイしてくれるみたいです。笑

プレイヤー全員の準備が完了すると、目の前にマリオカートの世界が広がります・・・!レース前なのにみんな大興奮!ヘッドホンで皆の声が聴こえるから余計にテンションがあがりまくります!!

そしてお馴染みのスタートシグナル(?)が出てきてレーススタート!!!つい癖でスタードダッシュ操作(3つ目のシグナルが光る直前でアクセル踏むやつ)をしてしまいましたが、成功したかどうかは不明。笑

マリオカートVRで大絶叫する編集部メンバー?? #VRZONE #マリオカート #絶叫

VR TOKYOさん(@vrtokyo)がシェアした投稿 –

スタートと同時に椅子が激しく動き出し、風も当たるのでテンションMAX!人目を気にせず「フォーーーーー!!!」とか「ヒューウィゴー!!」とか叫び出す編集部のメンバー笑。プレイ前はちょっと恥ずかしそうと思っていましたが、そんなこと一瞬で忘れてしまうくらい没入感があるんです。

しかも先述したキャラ4人の他にCPUとしてクッパとワリオも出てきて、更にテンションUP。

通常のマリオカートと同じように、コース途中でアイテムが沢山配置されていて、それを自分の手で実際に掴むことが可能です。

アイテムは浮遊している状態でフワフワと動いているので、掴むのがなかなかに難しい!正確には掴むというより手を当てる感じですが、つい指で掴もうとしちゃいます。笑

アイテムを掴もうとしている様子

途中、パックンやドッスンも出てきてレースを妨害してくるのですが、めちゃめちゃでかくて恐いので本気で避けようとしてしまいます。すごい迫力だった・・・。

コースは周回するのではなく、長めのコースを1周する形でプレイ時間は2~3分といったところですが、没入し過ぎてあっという間に終わってしまいました。もっとプレイしたい方は追加チケットを購入すればOK♪




体験を終えて

繰り返しになりますが、子供の頃あんなに夢中になっていたマリオカートの世界に自分が入れるなんて本当に感動モノでした。

個人差はあると思いますが、心配していたVR酔いもなく、画質も気にならなかったので、よりマリオカートの世界に没入できました。

1人で来ても充分に楽しめるとは思いますが、マイクを通して喋れるということもあるので是非友達と一緒に体験することを強くオススメします。

さぁ、君もVR ZONEで取り乱そう!!!

キャプテンVR
いやー。なんか先に体験しちゃって悪かったねリッチマン・・。
リッチマン
え?なにが?
キャプテンVR
いやだって、マリオカートを実際に体験するのが夢だったんでしょ?
リッチマン
・・・何の話だ?俺の夢はマリーアントワネットのような宮殿を建てることなんだが。
キャプテンVR
スケールでかすぎるわ
友だち追加
Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。