2017年7月14日(金)に新宿にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」。VR TOKYOも早速体験しに行ってきました!

本記事では、VR ZONE SHINJUKUで体験できるVRアクティビティの1つ「極限度胸試し ハネチャリ」の体験レポートをお届けします。

サリー
あ!これ私のやりたかったやつ!
助平
「極限度胸試し ハネチャリ」。自転車型のアトラクションで空を飛ぶのか―。面白そうだね!私もやろ…
キャプテンVR
俺が一緒にやるー!!!!
サリー
うん!じゃあ早く並ぼ♪
助平
(キャプテン…すごい気迫だな)

極限度胸試し ハネチャリとは?

“堕ちるよ、頑張れ。”

極限度胸試し ハネチャリ」は、足こぎグライダー「ハネチャリ」に乗り込み、雄大な大自然の中を自由に飛行するスリルと爽快感を体験することができるVRアクティビティ。

まずはオペレーターの方から、ハネチャリの概要や操作方法、注意事項などを聞きます。

どうやら単純に飛行体験をするのではなく、はるか上空にそびえ立つ「天空城」を目指すことが目的らしい

操作はシンプルで

  • ハンドルを前に倒すと前進
  • ハンドルを後ろに倒すとブレーキ
  • ハンドルを左右に倒すと旋回
  • ペダルを漕ぐと上昇
  • ペダルを漕がないと下降

といった具合。面白いのは、ペダルを漕ぎながらハンドルを前に倒しても進まないという点。

「ペダルを漕がない+ハンドルを前に倒す」と高速で滑空することができ、この操作方法で進んでいくことになります。

いざ体験!全身で感じる浮遊感と爽快感がたまらない

エアロバイクのようなマシンに座り、VR HMDとヘッドフォンを装着。目の前には広大な自然が広がり、確かに足こぎグライダー「ハネチャリ」に乗っています。

全員の準備が完了するとオペレーターさんから「ペダルを漕いでみてください」との指示。

ペダルを漕ぎ左右を見ると、自分の乗っているハネチャリの羽が上下に動き、そういう仕様だと分かっていたのにも関わらず「おぉぉ」と思わず声が漏れます。(他の体験者もみんな同じリアクション(笑))

「鳥人間コンテスト」に出たことのある人ならともかく、日常でこんな体験をすることはまずないので「魔女の宅急便のトンボになった気分だ♪」と早速ウキウキしていたのですが、次の瞬間には悲鳴が…

初めは地上にいるので、地上から一生懸命ペダルを漕いで上昇するのかと思いきや、本番は崖からスタート!

高所恐怖症の人にはかなり厳しい体験かもしれません

ここで「極限度胸試し」の意味を理解しましたが、時すでに遅し。十分に加速できず地上へ堕ちていきます。そしてこの急降下が凄まじい…(ぜひ体験し取り乱してください!)

しかしこの恐怖を乗り越えると、その後は爽快感と浮遊感が溢れる空の旅が待っています!

全力でペダルを漕ぎ上昇し、ハンドルを前に倒して岩場などを避けながら高速で滑空!マシンからは風が出てくるので、臨場感と没入感が増し、とにかくとにかく気持ち良い!

ただ中盤で入る洞窟は狭く、スピードを出しすぎると曲がりきれず壁にぶつかります。

ここで操作の難しさを実感し、壁にぶつかった衝撃で羽がどんどんボロボロになり焦るのですが、それも含めて楽しいです!(笑)

尚、プレイヤーは色で振り分けられており、道に迷った時などはオペレーターさんが色を呼び指示してくれます。

友達とプレイすれば楽しさは倍増

「ハネチャリ」は最大で4人同時に体験することができます。

プレイ中は他のプレイヤーとボイスチャットができるので、友達と一緒に体験するとより一層楽しさが増し、誰が1番先に天空城へ到着するか競いあっても面白いと思います!

ちなみにサンダルではプレイできないのと、ペダルを漕ぐとスカートの下が見えてしまう恐れがあるので、そういった格好をしてきた方にはクロックスや巻きスカートを貸してくれます。

サンダル&スカート姿で来た女性編集部員は、クロックスと巻きスカートを借りましたが

「女性の方は、ミニスカートや爪先が出たサンダル、ヒールはやめて、可愛いお気に入りの長めのスカートかパンツ、フラットシューズで行きましょう!貸し出しは嬉しく大変助かるのですが、あまり可愛くはないです…。特にデートで来るなら!」

との意見もありましたので、参考までに。

キャプテンVR
いやー結構疲れるね―!でもすごく楽しかった♪
サリー
キャプテンVR
あれ、サリーどうしたの?
サリー
キャプテン1番最初に天空城に着いたよね?
キャプテンVR
うん!頑張ったよ^^(これはもしやサリーにアピール成功か??)
サリー
やっぱり。お兄ちゃん、チケット追加で2枚買ってきて!
リッチマン
え?(まさか…)
サリー
キャプテン、もう1回やるよ!!
キャプテンVR
いや、今体験したばかり
サリー
やだー!悔しいの!私が勝つまでやるのー!でも手を抜いたら二度と喋らないから
キャプテンVR
え、あ、マジですか(なんでこうなる…。リッチマン、チケットは売り切れていたことにしてくれ!)
リッチマン
良かった良かった、まだ買えたよ!ほら、チケット2枚だ!
キャプテンVR
ふぎゃー!
助平
キャプテンどんまい!
田中☆
あははー♪次は僕も一緒にやるぞー♪
GAMES
友だち追加
Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。