最先端のVRアクティビティを体験できる新宿のVR施設「VR ZONE SHINJUKU」にある、「GLAMPER’S(グランパース)」というカフェ&ダイナーと、オリジナルグッズが買える「VR ZONE store」に行ってきました。

GLAMPER’Sでは実際に食事もしたので、注文したメニューの味や店内の雰囲気など感想をお届けします。

サリー
はー。どのVRアクティビティも面白いけどちょっと疲れちゃったな。
助平
大丈夫かい?
サリー
ありがと助平さん♪大丈夫だよ☆でもちょっと休みたいかも(^^;)
助平
休める場所かぁ(´-`).。oO(ちょっと休みたい→ちょっと休むと言えばホテル?→俺とホテルでちょっと休みたい!?ちょwおまww  さ、誘ってるのか!?誘ってるのかこの私をー!)
助平
サ、サリー。キミは見かけによらず大胆だな…ハァハァ
サリー
??(なんで急にハァハァし始めたのこの人…)
リッチマン
おーい!1Fに良い感じのカフェあるぞー
サリー
カフェ!?休憩にピッタリ☆行くー!

軽食からガッツリ食事も!ビールも飲める「GLAMPER’S」

GLAMPER’S」は、国内外で人気の“グランピング”をテーマにしたバーチャルリゾートカフェ&ダイナー。施設の1Fにあります。

フードは、北海道や九州から直送された厳選食材を使い、パスタやオムライスなどのご飯ものや肉料理と豊富。

その他にもデザートと、フランス・スペイン・ドイツから空輸されたプレミアムブレッドなどもあります。

ドリンクは、ソフトドリンクからコーヒー類。アルコールも提供されていて、ビール・ハイボール・スパークリングワインも飲めます。本施設のメインはVRアクティビティの体験ですが、飲食への力の入れようもすごい。(これは期待できる!)

いざ実食!編集部のイチ押しは「ボルダーバーガー」

今回は

  • パックマンフルーツスカッシュ(チェリー&アップル/ストロベリー/メロン):各1,058円
  • チーズ掛け流し極旨ボルダーバーガー:1,080円
  • ぱくぱくパックマンカレー:1,382円
  • VRセンターツリーパフェ:1,296円

を注文しました!
※料金は全て税込み

この季節(8月)にはピッタリな「パックマンフルーツスカッシュ」

「チェリー&アップル」(左) 「メロン」(中) 「ストロベリー」(右)

まずはマドラーがキュートな「パックマンフルーツスカッシュ」。

フルーツの甘さと炭酸の爽快感で癒されます!中には果肉も入っていて、どの味もハズレなしで普通に美味しいです。

オリジナルマドラーは持ち帰りOKなので自分へのお土産にしてもちょうどいいですね。と言いつつ編集部のメンバーはウッカリそのまま返却しちゃいました…。皆さんはそのまま返却しないように気をつけてください本当に!

マドラーは全部で5種類(パックマン+モンスター4種)。注文時にボックス(中は見えない)から引くので選べないが、それがまた楽しい!

たっぷりチーズがたまらない「チーズ掛け流し極旨ボルダーバーガー」

サイトでも大きく打ち出され、我々も1番楽しみにしていたのが、この「チーズ掛け流し極旨ボルダーバーガー」。

ボルダー(大きな岩)をイメージした特製ハンバーガーだそうで、ヘルシーなオーストラリア産の牧草牛を使用した半熟卵入りパテに、チーズをこれでもかというくらい贅沢に掛け流し…これで美味しくないわけがありませんね。率直な感想は…

うん、めちゃくちゃ旨い!!

パテはジューシーですがサッパリしていて、だからこそ濃厚なチーズとの相性が◎。ポテトなどサイドメニューが付かないので、男性なら2つくらいいけちゃいますね。人気のハンバーガーショップにもひけをとらないレベルです。

完成度の高さに惚れ惚れする「ぱくぱくパックマンカレー」

パックマンとモンスターが白い皿のキャンパスに見事に描かれた「ぱくぱくパックマンカレー」。

崩すのがもったないと思ってしまうほどクオリティが高いです。

パックマンはターメリックライス、茶色のモンスターはビーツカレー、黒のモンスターはイカ墨カレーとなっていて、見た目だけではなくカレーとしてのこだわりも感じます。

こういった施設で提供される料理は見た目ばかりという印象が強いのですが、中々悪くない。ルーの量に対してライスがちょっと少なく感じましたが美味しいです。(でも編集部的にはやっぱりボルダーバーガーを推します!)

甘党には夢のスイーツ「VRセンターツリーパフェ」

施設の中心にそびえ立つセンターツリーを彷彿させる「VRセンターツリーパフェ」。

白いフワフワしたのは綿あめで、中は抹茶のババロアをベースにホームメイドグラノーラ、メロンやブルーベリー、さらにアイスまでも入ったスペシャルなパフェです。

インパクトがあって中身もゴージャスですが、綿あめのパワーが凄くてとにかく甘い(笑)甘党女子でも2人で1つくらいがちょうどいいかも。でもフルーツの味もしっかり堪能できてアリですね!

ちなみに数量限定の「パックマンムースショコラ」は、タッチの差で売り切れしまい食べることができませんでした。

今回は平日の19時に入って売り切れだったので、パックマンムースショコラを食べたい人は夕方くらいまでには注文するのが良さそうです。

食事だけじゃない随所にこだわりを感じる空間に脱帽

グランピングというテーマは、フードやドリンクだけでなくしっかりと内装にも反映されていて、その空間の演出に感動しました。

VR ZONE SHINJUKUは最先端のVRアクティビティ体験施設ということもあり、非常にスタイリッシュな内装ですが、GLAMPER’Sもしっかりと溶け込んでいて違和感を感じません。VRアクティビティを思いきり体験した後に、自然と椅子に腰を下ろしたくなります

ただ唯一気になったのは周りの音。飲食スペースの奥には非VRアクティビティの「ナイアガラドロップ」と「トラップクライミング」があり、BGMやスタッフさんの掛け声などが結構大きいので少し気になるかもしれません。

それでも、子供が楽しめるスペースやプロジェクションマッピングを活用したユニークなスペースもあったり、多くの人が満足できる空間になっていると思います。VRの体験だけではなく“GLAMPER’Sで過ごすひと時間”も考慮して行くと最大限に楽しめますよ!

座席数は110。奥には「ナイアガラドロップ」と「トラップクライミング」の体験スペース

子どもが楽しめるミニボルタリングスペース

本物の砂とプロジェクションマッピングを掛け合わせ演出したビーチ

水を飲んでるだけなのに、やっぱり外国人は絵になる

※営業時間:10:00-22:00 (ラストオーダー フード21:00 ドリンク21:45) 

ちょっと変わったお土産も!?「VR ZONE store」

VR ZONE限定のお土産菓子やオリジナルグッズが買える「VR ZONE store」。

「とびだす!? 3Dクッキー」は、付属の3Dメガネでクッキーを見ると、絵柄のパックマンたちが飛び出すというちょっとした仕掛けのあるお菓子。やはりこだわりがすごいです(笑)

他にも見てるだけで楽しくなるグッズやお菓子が多数あるので、VR ZONE SHINJUKUへ遊びに行ったらGLAMPER’SとVR ZONE storeにも足を運んでみてください。

 

サリー
さっきGLAMPER’Sの写真インスタにアップしたら、もう友達から「いいね」と「コメント」きてるー♪
キャプテンVR
ここはインスタ映えするねー!(サリーの投稿に1番最初に「いいね」したのは俺だよ!)
田中☆
本当いいスペース!ハンモックなんかあったら僕はもう寝れちゃ…zzz
キャプテンVR
もう寝てる(笑) あれ?助平なんか静かだね。どうかした?
助平
え!?あ、いやーこの空間に浸ってただけだよ!さぁ、みんな食べ終わったら次はお土産でも買いに行こうか!(くっ、サリーの休みたいはそういうことか…!)
サリー
はーい☆行こうキャプテン♪
キャプテンVR
OK♪
リッチマン
助平さんよ(ボソッ)
助平
は、はひ!?
リッチマン
全部読めてるからな
助平
な、なななな、なんだよ急にそんな目を細めて(^^;)あ、ちょっとトイレに行きたかったんだ!後から合流するからリッチマンも先にみんなとVR ZONE  storeに
リッチマン
全部読めてるからな、お前の心の声は
助平
え?
リッチマン
俺の妹でそういう妄想はやめろ
助平
助平
オーマイガッ!
友だち追加

スポンサードリンク

Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。