VRメディア「VR TOKYO」を共同で運営するheArts(所在地:東京都練馬区、代表:松井 秀樹)とRefrolic(所在地:東京都中央区、代表:鮫島 允)は、国内最大級のVRゲーム検索サイト『VR TOKYO GAMES』を2018年8月1日(水)にオープンしました。

VR TOKYO GAMES:https://games.vrtokyo.jp/

キャプテンVR
構想から約半年。ついに公開することができました!
リッチマン
うんうん。感慨深いね。みんな本当にお疲れ様でした。
助平
まだ登録ゲーム数は150くらいだけど、これからSTEAMや国外ゲームなども紹介していくので乞うご期待!
田中☆
でもこれの準備のせいでVR TOKYOの記事更新が減っちゃってたけどね(゚∀゚)
キ/リ/助
しっ!!!!

『VR TOKYO GAMES』とは

『VR TOKYO GAMES』は、PlayStation®VR(PS VR)とSTEAM(※)で発売中のVRゲーム/映像をカタログのような感覚で探せる国内最大級のVRゲーム検索サイトです。
※リリース公開時点では、PS VRでも提供されているVRゲームのみ

自分だけのオリジナルリストが作成できるコレクション機能

無料会員登録することで、会員専用の「コレクション機能」を使用でき、サイト内に掲載されているVRゲームをブックマークのようにオリジナルカテゴリで自分好みにコレクションすることができます。

更に、自分がコレクションしたゲームだけではなく、他のユーザーが作成したコレクションも閲覧できます。

また、各商品ページにはGoodポイントとBadポイント、またレビュー機能もあり、単なるゲームの紹介だけでなく、実際にプレイしたユーザーの声も知ることができます。

キャプテンVR
公開したてということもあって、まだレビュー数は少ないから是非みなさんにレビュー投稿してもらえると嬉しいです!

検索性に注力したサイト設計

『VR TOKYO GAMES』のレイアウトは、記事が並んでいるブログ風レイアウトではなく、ECレイアウトのように各種条件で絞り込んだり、レコメンドでゲームを紹介したりするなどして検索性に注力して設計しています。

編集部のおすすめ商品を紹介する特集記事

サイト内には、VRゲーム/映像の商品だけでなく、編集部が気になるゲームや、ジャンル・カテゴリごとにまとめて商品を紹介する特集記事も設置し更新していきます。

特集記事:https://games.vrtokyo.jp/article/category/feature/

サイト開発の背景と今後の展望

現在、VRの情報を取り扱うサイトは複数存在しますが、VRゲームだけに特化しまとめて情報を知ることができるサイトはありません。

VRゲームをもっと探しやすくし、知ってもらいたいという思いから『VR TOKYO GAMES』をリリースしました。

今後は、PlayStation®VRやSTEAM以外のプラットフォームで提供されているVRゲームの情報やセール情報の提供、コミュニティ機能などを実装し、より多くの方たちにVRゲームの情報を知ってもらえるサイト作りを行っていきます。

キャプテンVR
みんな、引き続き頑張ろー!
リッチマン
おう!
助平
うす!
田中☆
はーい☆
Mr.VR TOKYO
リョウカイダ!
キ/リ/助/田
お前何もしてないだろ!!

サイト概要

サイト名VR TOKYO GAMES(ブイアール トウキョウ ゲームス)
URLhttps://games.vrtokyo.jp/
オープン日2018年8月1日
お問い合わせhttps://games.vrtokyo.jp/contact/
GAMES
友だち追加
Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。