Brogent Japan Entertainment株式会社(BJE)が企画・プロデュースする、日本初上陸のVRライド型アトラクション施設「hexaRide(ヘキサライド)」が、開業以来初の大幅リニューアルを遂げる「ダイバーシティ東京 プラザ」に11月2日(金)オープンします。

リッチマン
なんだなんだ。ここにきてまた最近、VR施設やアトラクション系の情報が増えてきたな!
キャプテンVR
今回は1台12人乗りのライド型アトラクションだって!
リッチマン
にゃ!?にゃんだと!?
田中☆
『にゃんだと』だってー(笑)リッチマン可愛いー♪
助平
うむ、ギャップ萌えというやつを狙ってるのかな?
リッチマン
うるさい!噛んだだけだ!(田中、助平、○刑決定)
キャプテンVR
(あぶなく俺も余計な一言を言うところだった…)

12人乗りの最新ライド型アトラクション「Q-Ride」

「hexaRide」に導入する新型機器「Q-Ride」は、VR機材との連動を図った12人乗りの最新ライド型アトラクションです。

ユーザーが装着するヘッドマウンドディプレイに連動して、1台12人を乗せた座席がダイナミックかつ繊細に動き、特別な浮遊感や疾走感を楽しむことができます。

第1弾コンテンツ『攻殻機動隊』

本アトラクションの第1弾コンテンツは、漫画、劇場映画、テレビアニメほか様々なメディアで展開されている世界的近未来SFの代名詞的作品『攻殻機動隊』。

なんと、「hexaRide」向けにBJEが企画・開発、アニメーション制作会社:プロダクション I.Gが制作したオリジナルコンテンツ「攻殻機動隊GHOST CHASER」が登場します!(オープン当日より稼働)

©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

「攻殻機動隊GHOST CHASER」は、ベネチア国際映画祭、シッチェス国際映画祭など 多くの映画祭でVR部門に正式招待され、 世界中で高い評価を得ているVR作品 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」の東弘明監督 (stoicsence)とプロダクション I.Gが映像を制作。

hexaRideの機能を最大限生かすために、BROGENTのモーションプログラミングチームと何度も検証を積み重ね、VR映像最高峰ともいえる緻密でダイナミックな世界観にライドの動きが完全シンクロし、いまだかつてない体験が実現しているそうです!

リッチマン
なにこれもう最高じゃん(泣)
田中☆
行こ!今すぐ行こう!
体験開始日2018年11月2日
体験人数1~12人
体験時間約8分

上映スケジュールはこちら

第2弾コンテンツ『進撃の巨人』

そして、第2弾コンテンツは「進撃の巨人 崩落の塔」が予定されています。

進撃の巨人ということは、立体機動装置で巨人とのバトルでしょうか?想像するだけでテンションが上りますね!

体験開始日近日公開
体験人数1~12人
体験時間6分

施設概要

施設名「hexaRide」
住所ダイバーシティ東京 プラザ(〒135-0064 東京都江東区青海1-1-10 5階)
オープン日2018年11月2日(金)
営業時間10:00~21:00
休館日館に準ずる
料金1人:1,000円(税込)※各種割引についてはHPをご確認ください。
公式サイトhttp://www.hexaride.jp
その他各種注意事項や稼働スケジュールにつきましては公式ホームページをご確認ください。

参照元:プレスリリース

GAMES
友だち追加
Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。