田中☆
ざわ・・・ざわ・・・
キャプテンVR
どうした?田中。
助平
ざわわ・・・ざわわ・・・
キャプテンVR
助平もどうしたの?(あれ?なんかこのくだり聞いたことあるような・・・)
田中☆
遂に
助平
待ちに待ったカイジVR
田/助
発売開始したんだよー!
キャプテンVR
な、なにー!?
リッチマン
この記事と同じ流れじゃねぇか

※多少ネタバレを含むので読み進むかご自身でご判断ください。

『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』とは

福本伸行先生の大人気マンガ「賭博黙示録カイジ」の「絶望の城編」から、鉄骨渡りのストーリー部分をPSVR向けにゲーム化!プレイヤーは主人公のカイジとなり、佐原や石田といった作中の個性豊かなキャラクターたちと共に鉄骨渡りにチャレンジすることができる!

購入はこちら

ゲームは二部構成で原作を忠実に再現

マンガなどの原作を見た人ならわかると思いますが、じゃんけんゲームが終わった後、ビルのエレベーターに乗っているシーンからはじまります。

エレベーターが開くと見覚えのある鉄骨が・・・。そう、人間競馬、『Brave men road』です。

鉄骨の下では金の亡者たちが・・

右を向くと佐原達が・・

覚悟を決め、鉄骨を渡っていきます。写真で見ても分かる通り、地面までの距離はさほど高くなく、落ちても骨折程度で済みそうでした。

既に1人落ちてますね

というのも、カイジVRはステージが2つに分かれており、ここは簡単なステージ1。見事鉄骨を渡りきると、次に例のステージ2が待ち構えています

前の人を押すか、押さないかでストーリーが変わる

リッチマン
かなり原作に忠実だな

落ちたら即死。恐怖のステージ2

ようやくクリア!!と思ったら、主催者である利根川から絶望の言葉が。

「確かに賞金をやるといった。だが”いつ、どこで”やるとは一言も言っていない。その気になれば20年後の支払いでもいいんだぞ」

うん。クズですね。

見事な屁理屈。汚い大人の代表格。さすが利根川です。期待を裏切りません。

絶望に打ちひしがれる佐原達w

そして、結局利根川に言いくるめられ、カイジが「俺はやる!」的な事を言い出し、それに乗せられるかのように佐原達も再度鉄骨を渡ることを決意。


間違いなく落ちたら即死

さきほどとは恐怖のレベルが違います。落ちたら100%死ぬし、夜だし、さっきより鉄骨長いし。。

そして、勇気のある若者たちが続々と死の鉄骨を渡っていきます。

みんな順調に進んでいたかと思うと、鉄骨の中盤くらいで急に右斜め前のやつの様子がおかしくなります。

ガクガクブルブルしてる

「ひゃああ〜〜風が吹いてる〜〜助けてくれぇ!!」

風なんて吹いていません。あまりの孤独と恐怖に錯覚をおこしているのです。

そして、我慢しきれずに鉄骨に手をついたその瞬間・・・

ビリビリビリビリビリビリビリビリビリ

決してブランカではありません。なんと鉄骨には高圧電流が流れていて、素肌などで触れてしまうと電流が流れそのまま転落死します。感電死と転落死のダブルコンボです。これは辛い。

そして次々に恐怖に負けた敗者達が転落してく・・・

ビリビリビリビリビリビリビリビリビリ

この異常な状態の中、カイジはどう切り抜けるのか・・・?!続きは実際にプレイしてお楽しみください♪

購入はこちら

バランスをコントローラーでとるのは難しい

カイジVRはMOVEのような専用コントローラーではなく、通常のプレステコントローラーを使用します。

気になる仕組みはというと、コントローラーのスティックを左右どちらでもいいので1回前に倒すと一歩進みます。そして、コントローラーのジャイロセンサーを利用してバランスをとり、手の震えなどで傾むいてしまうと・・・

こんな感じで警告状態になり、コントローラーが大きく振動!この状態が長く続けばビルの下に落ちてGAME OVER=死が待っています。

警告状態になったら右に左にコントローラーを傾けバランスをとりましょう!振動が弱くなっていくポイントがあるので、そこを見つけて振動が収まると鉄骨渡りが再開し、再び歩けるようになります。

「こんなの余裕っしょ!w」と思い、実際にやってみるとこれがまた難しい。振動が弱まるポイントを見つけるのが難しく、コツを掴むまで何度も転落してしまいました。。

そしてなんといっても、通常のコントローラーだと非常に物足りない。 やっぱり座った状態でもいいからMOVEなどのコントローラーで実際に手を広げてプレイしてみたかったです。(立ってプレイは危険なのでやめたほうがいいです)

プレイしてみて

繰り返しになりますが、やはり通常のコントローラーでは物足りない!そして出来ることなら立ってプレイしたい!!!(あくまで個人的願望です)
よって、ゲームの評価としては微妙なところです。

ただ、カイジの原作ファンがプレイしたら間違いなく興奮すると思うので、是非プレイしてみてください!
目の前に「ざわ・・」という文字が出てくる点もGoodです。笑

田/助
ざわ・・・ざわ・・・
リッチマン
だから読みづらいからそれやめれ
カイジVR
タイトル カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~
発売日 2017年8月28日(月)
価格 1,944円(税込)(ダウンロード版)
ジャンル シネマティックVR鉄骨渡り
公式Twitter https://twitter.com/SolidSphere_Inc
権利表記 (C) 福本伸行/highstone, Inc. (C) Solid Sphere, Inc.
友だち追加

スポンサードリンク

Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。