過去に何度かVR TOKYOでも取り上げた、VR eスポーツの先駆けである対戦型VRシューティングゲーム「TOWER TAG(タワータグ)」による初の日本公式大会「TOWER TAG CHALLENGE CUP 2019」の本戦が、4月20日(土)にセガサミーグループ本社で行われました。

我々VR TOKYOも招待枠の1チームとして本戦に参加してきたので当日の様子をレポートします!

TOWER TAG(タワータグ)とは

TOWER TAGは、VR空間の上空までそびえたつタワーを舞台に、チームを組んで相手と撃ち合うガンシューティングゲーム(2人 VS 2人)です。開発はドイツのVR Nerds(ヴイアールナード)社。

1人につき「3メートル×3メートル」のプレイスペースが用意されていて、専用のガンコンを使ってシューティングを行うほか、VR内では壁を利用して相手の弾を避けたり、ワイヤー状の道具でタワーからタワーへと移動したりといったアクションをしながら対戦します。

キャプテンVR
なんと開発陣にはサバイバルゲームのワールドチャンピオンがいるんだよね♪
リッチマン
プレイヤーが行う要素はシンプルだけど戦略の奥深さを堪能できて、身体全体を動かす「スポーツ」の要素が大きいアトラクションだよな!

TOWER TAG CHALLENGE CUP 2019

「TOWER TAG CHALLENGE CUP 2019」の本戦は、「JOYPOLIS VR SHIBUYA」と「セガ秋葉原3号館」の予選を勝ち抜いた5チームと招待枠3チーム(メディア)による計8チームで行われるトーナメント戦

トーナメントはシングル・エリミネーション形式が採用され、既定のステージでLEG1(1ゲーム)から順に対戦し、先に2つのLEGを勝利した時点で決着となります。

※LEGで引き分けの場合、両チームに1勝を付与

試合形式

本戦1回戦LEG1:CEBITUS(3Min.)
LEG2:RIG(3Min.)
LEG3:CEBITUS(2Min.)
※LEG3終了時点で勝利数が引分けの場合は、決着がつくまでCEBITUS(2Min.)を続けます。

BEST4~決勝LEG1:RIG(4Min.)
LEG2:ELBTUNNEL(4Min.)
LEG3:RIG(2Min.)
※LEG3終了時点で勝利数が引分けの場合は、決着がつくまでRIG(2Min.)を続けます。

※各ステージの詳細はこちら

出場チーム

左からMIGHTY SNOW(選手)、BLACK SERVANT(選手)、TOMATOMATO(選手)、WHITE DRAGONS(選手)

左からMELL MELL DOLL(選手)、PEACE COMBAT(メディア)、VR TOKYO(メディア)、SHIBUYA GAME(メディア)

メディアチーム惨敗!あまりにも強すぎる予選突破チーム

事前に運営スタッフの方から話は聞いていたのですが、店舗予選を突破した5チームがあまりにも強すぎでした。

開会式前に何度か練習時間をもらい、同じ招待枠でエントリーした2チーム(SHIBUYA GAME、PEACE COMBAT)と試合をして、ゲームにも慣れ万全の状態で挑んだにも関わらず、招待枠の3チームは1回戦であえなく撃沈という結果に…

秋葉原で準優勝のBLACK SERVANT。プレイ歴約一ヶ月とは思えないほどの実力!

キャプテンVR
もうね、LEG3にもつれ込む要素なんて皆無で全チームフルボッコww
リッチマン
俺たちなんてLEG1とLEG2(計6分)で1キルしかできなかった…
キャプテンVR
招待枠では圧倒的な強さを誇ったSHIBUYA GAMEでもMIGHTY SNOWには手も足も出てなかったしね(^^;)
リッチマン
「空気読まずに招待枠の俺たちが優勝しちゃったらどうしよう」とか言ってた過去の自分を殴りたいです

本戦で使用されたVIVE PRO。映像も高解像度で没入感が高かった。

1回戦で唯一、店舗予選を勝ち抜いたチーム同士としての対戦となった<WHITE DRAGONS> 対 <MELL MELL DOLL>は、強力なチームワークと個の能力も高い<WHITE DRAGONS> が安定した戦いで勝ち上がりました。

WHITE DRAGONS(手前)、MELL MELL DOLL(奥側)

キャプテンVR
MELL MELL DOLLもすごく上手だったけど、それ以上にWHITE DRAGONSが強かったね!
リッチマン
MELL MELL DOLLも俺たちと当たっていれば楽にセミファイナルへ進んだだろう笑

ちなみに招待枠でエントリーした<PEACE COMBAT>からは、若手女優の小菅怜衣さん(@Kosuge_Rei)と早乙女ゆうさん(@saotome_yu)が選手として参加されていました!

助平
2人に会えて、ゲームをプレイしてる姿が見れただけで幸せ!我々が1回戦で敗退したとか最早どうでもいい!
田中☆
2人とも可愛かったね〜♪おいらもタダでお弁当が食べれて嬉しかった\(^o^)/
キャプテンVR

一進一退のセミファイナルに会場は大盛り上がり!

セミファイナル1試合目は<MIGHTY SNOW> 対 <BLACK SERVANT>。

練習時間の対戦では<MIGHTY SNOW>が勝っていて、LEG1も<MIGHTY SNOW>が勝利しそのままLEG2も取るかと思いきや<BLACK SERVANT>の巻き返しが!

LEG2は追い詰められた<BLACK SERVANT>が底力を見せ勝利。LEG3でも流れをキープした<BLACK SERVANT>は、終盤で<MIGHTY SNOW>を1人にまで追い込むものの<MIGHTY SNOW>がなんとか逃げ切りドロー。

その後、LEG4・LEG5と両チームとも相手チームを1人にまで追い込みますが、追い込まれたチームは逃げ切ってドローへ持ち込み、決着はLEG6までにもつれ込む超接戦!

LEG6を<MIGHTY SNOW>が取り決勝へと進みました。

キャプテンVR
本当にどっちが勝ってもおかしくない戦いだったね!会場がめちゃくちゃ盛り上がった♪
リッチマン
強いチームは相手選手の位置を細かく共有したり、自分たちが優位になる立ち回りを常に探ってて勉強になった!

セミファイナル2試合目は<TOMATOMATO> 対 <WHITE DRAGONS>。

TOMATOMATO(左) 、WHITE DRAGONS(右)

LEG1は<TOMATOMATO> が先にポイントを奪取したものの、終盤で<WHITE DRAGONS>が追いつきドロー。

お互い決勝進出へリーチをかけたLEG2は、<WHITE DRAGONS>がさらにギアを一段上げポイントを先制し、ステージの占拠率を上げながら優位に展開を進め決勝進出を決めました。

<TOMATOMATO>がLEG1を勝ちきっていればまた結果は違ったかもしれない、こちらもそんな均衡したバトルでした。

助平
ちなみに<WHITE DRAGONS>は、相手チームに作戦や立ち回りがばれないよう、自分たちにしか分からない暗号文を考えてきたんだって
キャプテンVR
なんという徹底ぶり…
リッチマン
前日の深夜までフォートナイトをプレイしてた自分たちを殴りたいです

頂上バトル!栄えある初代チャンピオンに輝いたのは

決勝は<MIGHTY SNOW> 対 <WHITE DRAGONS>。

1回戦、セミファイナルと素晴らしいゲームを繰り広げ勝ち上がってきた両チームの決勝は、非常にハイレベルなバトルでした。

常に声を掛け合い情報共有を怠らないWHITE DRAGONS

LEG1の序盤は互いに慎重な出だしとなりましたが、<WHITE DRAGONS>が先制し1-0で勝利。

LEG2は<MIGHTY SNOW>が先制し、決着はLEG3に持ち込まれるかと思いきや、最後の土壇場で<WHITE DRAGONS>が追いつきドロー。

結果2-1で<WHITE DRAGONS>が初代チャンピオンに輝きました!

あと1歩だったMIGHTY SNOW。ステージの高速移動は圧巻でした

キャプテンVR
優勝した<WHITE DRAGONS>はもちろん、どのチームもすごく上手だったよね!俺たちは0-6とか大差で負けたけど、選手チームは1-0とか2-1とか僅差しかなかったし。
リッチマン
内容はシンプルだけど、立ち回りや戦況読んだり頭も体も使うし、本当タワータグは「VR eスポーツ」という名にふさわしいタイトルだな!

今後は、プレイ結果がすべて記録され功績によってランク付けが行われるタワータグ専用アプリ(iOSとAndroid)も配信が予定されています。

タワータグがプレイできる店舗は、東京だけでなく福岡や沖縄と着実に広がっています。(店舗一覧

今後もイベントや大会などを開催していくそうなので、サバゲーやFPSが好きな人、そしてVRゲームが好きな人はぜひエントリーしてみてください。

以上、初大会から大いに盛り上がった「TOWER TAG CHALLENGE CUP 2019」の本戦レポートでした!

皆さんお疲れさまでした!

公式サイト:https://www.tower-tag.net/jp/

GAMES
友だち追加
Thanks!

週間ランキング

Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。