助平
みんな名探偵コナンを知っているかい?
田中☆
自分が小さい頃から見ているよ!人気推理漫画だよねー?
キャプテンVR
映画シリーズももう何作も出ているよね?かなり長く続いている作品だよね。
助平
実はその映画シリーズの一つにVRが取り挙げられているんだよ!!
リッチマン
お?!確か昔のロンドンに行くやつかな?
助平
その通り!!今回はみんなが知っているこの人気アニメのVRを題材にした作品を紹介しますね!!

 

劇場版 名探偵コナン ベイカー街の亡霊 

1996年に放送開始され、長い人気を保つ青山剛昌原作のミステリーアニメシリーズの劇場用作品第6作。2002年作品。

バーチャルリアリティ空間で遊ぶ新型体感ゲームシステム「コクーン」が完成し、コナンたちはその披露パーティに招待される。だが、現場では開発責任者が殺される事件が発生、解決の鍵はゲームの中にあるとにらんだコナンは、ゲーム空間として用意された、切り裂きジャックの恐怖に包まれた19世紀末のロンドンへ。

この「コクーン」というのが、その名の通り繭みたいな乗り物で、その中に人がすっぽりと入ることができる。この装置と中枢神経が接続され、VR内では五感を感じられるようになるという。催眠状態なはずなのに、VRでは全くそう感じられないらしい。

そして、このゲームを人工知能の[ノアズ・アーク]がシステムを占拠していまい、プレイヤーたちを人質に取ってしまうのだ。そして、プレイヤー全員がゲームオーバーになると、特殊な電磁波を流して脳を破壊すると…。なんとも恐ろしいではないか!!

作中、VRに対して灰原の発言がとても印象的だった。完成されたVR×人工知能の本質を唱えているのだ。

歩美ちゃん「夢みたい。自由に動きまわれるなんて。」

灰原「その逆よ。自由どころか 視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚 全てコンピューターに支配されているのよ。」

助平
歩美ちゃん…灰原ちゃん…(ハァハァ)
キャプテンVR
…………….。(目がやばいなこいつ。)

今日において、VRゴーグルで視覚や聴覚ぐらいしか体感することができないが、将来本当に全ての感覚を実感できるようになり、人工知能ともリンクするようになったのなら…。

現実と仮想の境界は?そして、我々の意志で操れるのか、はたまた操られてしまうのか。それは幸福なのか不幸なのか。未来を考えさせられました。

因みに本作品の興行収入は34億円と初めて映画名探偵コナンシリーズにおいて、30億を超え、第13作『漆黒の追跡者』の35億円に更新されるまでシリーズ歴代1位。2016年現在でも、首位を保ち続けた期間が最も長い作品であるとのこと。

確かにコナン映画としても面白く、見やすかったですし、テーマがはっきりと描かれていました。

GAMES
友だち追加
Thanks!
Mr.VR TOKYO

VR TOKYOの案内役。VRの事はなんでも知ってる人工知能だが、VRの事以外は何も知らない。

キャプテンVR

編集部のまとめ役でリーダー的な存在。しかし女の子には激甘。リッチマンの妹「サリー」が好き。

リッチマン

全てをVRで完結したいと思ってるゲーム好きな超インドア金持ち。金持ちすぎて常識が通じず、すぐポチる。

田中☆

IQが低く、何かとしつこいポジティブ野郎。とてつもなく運がよく足が速い。

助平

VRに詳しく、業界にも精通しているVR業界の雄。ギャル好きでとにかくスケベなのが玉にキズ。

サリー

帰国子女でリッチマンの実の妹。海外生活が長かったため、感情が高まると英語がでてしまう。VRには疎い。